【アンケート調査発表】コード決済利用経験者は31%まで上昇。「使えるお店がわからない」課題も浮き彫りに。

調査結果
リエールファクトリーはインターネットで調査を行いました。

コード決済利用者数は31%まで上昇。
近所で利用できる決済方法を把握しているのは35%。

[アンケート調査]コード決済利用経験者は31%まで上昇。20%還元キャンペーンの広告効果か
https://www.ai-credit.com/article/code-201905/

コード決済を使わない理由

使いたいお店で使えないから 21人
利用方法・使い方がわからないから 40人
どこで使えるかわからないから 15人
使い過ぎそうだから 41人
面倒臭い(現金やクレジットカードの方が楽)81人
不正利用が心配だから 30人
レジ前で手間取りそうだから 31人
その他 41人

「キャッシュレスサービスのキャンペーンには20%ポイント還元があることをご存知ですか?」(2019年5月)

知っている 144人
知らない 156人

あなたの近所のお店で利用できるキャッシュレス決済サービス(クレジットカード・コード決済)の種類を把握していますか?」(2019年5月)

全て把握している 4人
だいたい把握している 101人
ほとんど把握していない 144人
全くわからない 51人

「あなたの近所で、LINE PayやPayPayといったコード決済を利用できるお店はどんなお店ですか?(複数選択可)」(2019年5月)

スーパー 64人
コンビニエンスストア 226人
レストラン 56人
カフェ 39人
商店街 19人
上記以外の食品系 10人
アパレル店(服飾系)22人
電気屋 61人
薬局/ドラッグストア 83人
100円均一 8人
ホームセンター 13人
自動販売機 9人
映画館 3人
レジャー施設(水族館・遊園地など)6人
その他 49人

■調査期間・調査テーマ

2019年5月19日〜23日「【キャッシュレスに関するアンケート】よく使う支払い方法は何ですか?」

■対象者・サンプル数

ランサーズを利用したアンケート調査、300人
属性 人数
男女比 男性人131人(44%)、女性169人(56%)
年齢 20代45人(15%)、30代105人(35%)、40代96人(32%)、50代45人(15%)、60代7人(2.4%)、70代2名(0.6%)
※アンケートデータの利用は当サイトのURL、サービス名を明記してご利用ください。